Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「moto g7 plus」のスペック比較や評価をまとめてレビュー

moto g7 plus Motorola

「moto g7 plus」は、モトローラモビリティが販売する「moto g」シリーズの中でもミドルレンジに位置するSimロックフリースマートフォンです。Snapdragon 636 Socと6.24インチ画面を搭載しています。また3000mAhの大容量バッテリーを搭載しており、更に最大512GB対応のmicroSDカード1枚とnanoSIMカード2枚(DSDS)を同時に収納できるトリプルスロットを搭載しています。

Sponsored Link

「moto g7 plus」の製品概要

モトローラモビリティの『moto g7 plus』は、2019年2月からグローバル展開されており、国内向け正規取扱いについては6月7日から各小売店やインタネットショッピングサイトおよびMVNOパートナー等が取扱い販売をしています。販売価格はWeb直販「Motoストア」で38,800円(税別)となっています。

当製品は前機種に比べてCPU、ディスプレイなどの性能が向上しています。プロセッサーは従来の「Snapdragon 630」から新たに「Snapdragon 636」に変更されておりCPU処理性能がパワーアップしています。ディスプレイは従来の5.93インチから6.24インチに大型化しており更に滴型ノッチを採用することで高い画面占有率を達成しています。なお、メモリとストレージ前機種の性能を継承しており、RAM/4GB、ROM/64GB搭載となっています。

『moto g7 plus』の基本的な仕様は、Android 9.0 Pie、Snapdragon 636 Soc、6.24インチFHD+(アスペクト比19:9)画面搭載、背面に1600万画素+500万画素デュアルカメラを搭載しています。カラーバリエーションは「ビバレッド」「ディープインディゴ」の2色展開となっています。詳細なスペックや特徴および製品評価のレビューは下記にまとめた通りです。

当記事は国内向け正規取扱品(メーカー直販)の製品仕様をベースに記載していますが、販売地域(国)、取扱代理店や携帯キャリアなどによって複数モデルの存在や仕様に違いがあることを含みおき下さい。

「moto g7 plus」の基本スペック

製品名 moto g7 plus
メーカー名 モトローラ・モビリティ
発売時期 2019年2月グローバル展開、国内6月から順次発売
製品取扱 グローバル版、国内正規取扱、MVNO
OS Android 9.0 Pie
CPU Snapdragon 636
GPU Adreno 509
RAM 4GB
ROM 64GB
CARDスロット microSDXC(Max 512GB)
画面サイズ 6.24インチIPS液晶
解像度 2270×1080 FHD+
背面カメラ 1600万画素+500万画素デュアルカメラ
前面カメラ 1200万画素
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Ver 5.0
外部端子 USB Type-C、3.5mmオーディオジャック
バッテリ 3000mAh
サイズ 約157×75.3×8.3mm
重量 約176g

「moto g7 plus」のカラーバリエーション

本製品のカラーバリエーションは2色展開となっています。
・ビバレッド
・ディープインディゴ

moto g7 plus

moto g7 plus

「moto g7 plus」の主な機能

■対応する機能
・Bluetooth
・テザリング
・指紋センサー

■対応していない機能
・おサイフケータイ
・ワンセグ
・防水/防塵
・赤外線通信

「moto g7 plus」の特徴と評価

OS&CPU性能

当製品の初期出荷時にプリインストールされているOSは、Android 9.0 Pieとなっています。Socは、Qualcomm Snapdragon 636(1.8GHz)Octa-coreを搭載しおてり、前機種の「moto g6 plus」で搭載していたSnapdragon 630から今回新たにSnapdragon 636搭載になったことでCPU処理性能が向上しています。

RAM&ROM容量

メモリとストレージ容量は、前機種を継承しており、てRAM/4GB、ROM/64GBを搭載しています。また最大512GBの外部ストレージ(microSDXCカード)にも対応しているので必要に応じてSDカードを格納することで容量不足を心配することなく安心て使える仕様となっています。※microSDXCカードが必要な場合は別途購入しましょう。

ディスプレイ性能

ディスプレイは、前機種の 5.93インチから6.24インチIPS液晶ディスプレイに大型化しています。解像度は2270×1080(FHD+)の縦長パネルを搭載しています。また、滴型ノッチ(切り欠け)ディスプレイの採用によるベゼルレス化で高い画面占有率を実現しています。

カメラ性能

「moto g7 plus」の本体背面にはデュアルカメラが搭載しています。大口径で明るいレンズを採用した1600万画素(F値 1.7)と500万画素カメラを搭載しており光学式手ブレ補正に対応。動画撮影は2160p@30fps、1080p@30/60/120fps、gyro-EISに対応しています。なお、前面には位相差AFに対応する1200万画素(F値 2.0)を搭載しています。

バッテリ性能

バッテリは3000mAhの大容量のバッテリを搭載しており、ターボパワー充電器を使用することで急速充電にも対応します。なお、バッテリー駆動時間は設定や使用状況等の要因により大きく変化することは含みおき下さい

対応周波数

「moto g7 plus」は、国内キャリアの周波数(バンド)に対応しており、FDD-LTEが1/2/3/4/5/7/8/18/19/20/26/28、TD-LTEが38/39/40/41、W-CDMAが1/2/4/5/6/8/19、GSMが850/900/1800/1900MHzに対応しています。SIMカードスロットはnanoサイズ×2で、DSDS(Dual SIM Dual Stand-by)もサポートされています。

セキュリティ

セキュリティ機能は、生体認証として本体背面のMotorolaロゴと一体化した生体認証センサーを搭載。また、インカメでの顔認証にも対応しています。

その他

「moto g7 plus」は、最大512GBに対応するmicroSDカードスロット1基とnanoSIMカードスロット2基が搭載されたトリプルスロットを採用しています。更にマルチキャリアにも対応するDSDS(Dual SIM Dual Stand-by)をサポートしています。

「moto g7 plus」と「moto g6 plus」のスペック比較

製品名 moto g7 plus moto g6 plus
OS Android 9.0 Pie Android 8.0 Oreo
CPU Snapdragon 636 Snapdragon 630
RAM 4GB 4GB
ROM 64GB 64GB
CARDスロット microSDXC(Max 512GB) microSDXC(Max 128GB)
画面サイズ 6.24インチ 5.93インチ
解像度 2270×1080 FHD+ 2160×1080 FHD+
背面カメラ 1600万画素+500万画素デュアルカメラ 1200万画素+500万画素デュアルカメラ
前面カメラ 1200万画素 1600万画素
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac IEEE802.11 a/b/g/n
Bluetooth Ver 5.0 Ver 5.0
バッテリ 3000mAh 3200mAh
サイズ 約157×75.3×8.3mm 約159.9×75.5×8.1mm
重量 約176g 約165g
「moto g7 plus」は、グロバール版の並行輸入の流通に加えて、国内正規取扱い製品が各MVNOおよび小売店、インタネットショップなどで販売されています。当記事に掲載した製品情報は国内向け正規品の「moto g7 plus」の仕様をベースにしており、販売地域(国)や取扱代理店および携帯キャリアによって複数の仕様が存在する場合があることを含みおき下さい。

※当該製品について不明な点や注意事項等はMotorolaの公式サイトにてご確認下さい。

SOURCE Motorola

タイトルとURLをコピーしました