Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

「OPPO Reno 10x Zoom」のスペックや評価をまとめてレビュー

OPO Reno 10x Zoom OPPO

「Reno 10x Zoom」は、OPPOが販売する「Reno」シリーズの中でもハイスペックモデルに位置するSimロックフリースマートフォンです。本体背面に配置されたメインカメラは、ソニー製イメージセンサー「IMX586」を採用したトリプルカメラを搭載しており更にハイブリット10倍ズームを実現、前面側にはピボットライジング構造を採用した収容可能なカメラユニットを搭載、また4065mAhの大容量バッテリも実装しています。

Sponsored Link

「Reno 10x Zoom」の製品概要

OPPO製の『Reno 10x Zoom』は、2019年6月からグローバル展開されおり、国内向け正規取扱いは7月12日より各小売店やインタネットショッピングサイトおよびMVNOパートナー等が取扱い販売開始。販売価格は9万9880円(税別)となっています。

「Reno 10x Zoom」の最大の特徴はリフトアップするインカメラと言って良いだろう。フロントライト、通話用のレシーバー、1600万画素カメラを搭載したユニットがスマホ本体上部から僅か0.8秒で迫出すというギミックな作り込みとなっている。また、メモリは8GB/RAMを搭載、ストレージは大容量の256GBを実装しており、高性能Socと合わせてフラグシップモデルに相応しい仕様となっています。

『Reno 10x Zoom』の基本的な仕様は、Android 9 Pie、Snapdragon 855 Soc、6.65インチFHD+(アスペクト比19.5:9)画面搭載、背面に4800万画素+800万画素+1300万画素トリプルカメラを搭載。国内市場向けのカラーバリエーションは「オーシャングリーン」「ジェットブラック」の2色展開となっています。詳細なスペックや特徴および製品評価のレビューは下記にまとめた通りです。

当記事は国内向け正規取扱品(メーカー直販製品)の製品仕様をベースに記載していますが、販売地域(国)、取扱代理店や携帯キャリアなどによって複数モデルの存在や仕様に違いがあることを含みおき下さい。

「Reno 10x Zoom」の基本スペック

製品名 Reno 10x Zoom
メーカー名 OPPO
発売時期 2019年6月グローバル展開、国内7月12日から順次発売
製品取扱 グローバル版、国内正規取扱、MVNO
OS Android 9 Pie
CPU Snapdragon 855
GPU Adreno 640
RAM 8GB
ROM 256GB
CARDスロット microSDXC(Max 256GB)
画面サイズ 6.65インチ有機EL
解像度 2340×1080 FHD+
背面カメラ 4800万画素+800万画素+1300万画素トリプルカメラ
前面カメラ 1600万画素
Wi-Fi IEEE802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Ver 5.0
外部端子 USB Type-C、
バッテリ 4065mAh
サイズ 約162×77.2×9.3mm
重量 約215g

「Reno 10x Zoom」のカラーバリエーション

本製品のカラーバリエーションは2色展開となっています。
・オーシャングリーン
・ジェットブラック

OPO Reno 10x Zoom

OPO Reno 10x Zoom

「Reno 10x Zoom」の主な機能

■対応する機能
・NFC(FeliCa未搭載)
・Bluetooth
・テザリング
・指紋センサー
・ハイレゾ

■対応していない機能
・おサイフケータイ
・ワンセグ
・防水/防塵
・赤外線通信

「Reno 10x Zoom」の特徴と評価

OS&CPU性能

当製品の初期出荷時にプリインストールされているOSは、Android 9 Pieとなっています。Socは、Qualcomm Snapdragon 855(2.8GHz×1+2.42GHz×3+1.7GHz×4)Octa-coreを搭載しおてり、後述するRAMと大容量ストレージを合わせてハイスペックモデル向けの仕様となっています。

RAM&ROM容量

メモリとストレージ容量は、RAM/8GB、ROMは大容量の256GBストレージを搭載しています。また最大256GBの外部ストレージ(microSDXCカード)にも対応しているので必要に応じてSDカードを格納することで容量不足を心配することなく安心て使える仕様となっています。※microSDXCカードが必要な場合は別途購入しましょう。

ディスプレイ性能

ディスプレイは、6.65インチの有機EL(AMOLED)大型パネルを採用しており、解像度は2340×1080(FHD+)の縦長パネルを搭載しています。更にノッチを廃止しベゼルを削ぎ落すことで画面占有率93.1%という迫力の全画面スクリーンを実現しています。

カメラ性能

本体背面にはソニー製のイメージセンサー「IMX586」を採用したトリプルカメラを搭載しています。解像度は4800万画素広角カメラ(F1.7 / 26mm相当)、1300万画素望遠カメラ(F3.0 / 130mm相当)、800万画素超広角カメラ(F2.2 / 16mm相当)の組み合わせとなっており、画質が劣化しないハイブリッドズームでは10倍に対応。更にデジタルズームと合わせて最大60倍まで対応しています。動画撮影は4K@60fps/30fps, 1080P@60fps/30fps, 720P@60fps/30fpsに対応。

本体前面のカメラはスマホ本体に収容可能なピボットライジング構造を採用しており、端末上部から僅か0.8秒でカメラを含めたユニットが立ち上がります。なお、収納可能なユニットには1600万画素(F値 F2.0)カメラに加えてフロントライトとレシーバーも含まれており、本体上部のベゼルレス化にも貢献している。

バッテリ性能

バッテリは4065mAhの大容量のバッテリを搭載しており、OPPO独自の急速充電「VOOC3.0」に対応。また僅か30分で50%まで充電可能で、約80分でフル充電することも可能となっているようです。更にUSB On-The-Goに対応しています。なお、バッテリ駆動時間や充電時間は本体の設定や温度環境などにより大きく異なる場合があることを含みおき下さい。

対応周波数

国内市場向けの「Reno 10x Zoom」が対応する周波数(バンド)は、FDD-LTEがB1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/29/32/66に対応、TD-LTEがB34/38/39/40/41に対応、W-CDMAがB1/2/4/5/6/8/19に対応、GSMが850/900/1800/1900MHzに対応しています。また、国内キャリアのVoLTEに対応しており、SIMカードスロットはnanoサイズ×2で、DSDV(Dual SIM Dual VoLTE)もサポートされています。

セキュリティ

セキュリティ機能は、生体認証としてディスプレイ内臓型の指紋認証センサーを搭載しており、ロック解除の認識速度が従来(同社「R17」シリーズ)より28.5%も高速化しています。

その他

「Reno 10x Zoom」は、ステレオスピーカーを搭載しており、更に音楽再生はハイレゾに対応しています。またイヤホンを着用することでDolby Atmosにも対応する。

ゲームプレイをアシストするゲームブースト機能を搭載。パフォーマンスを調整してカクつきを防ぐ「フレームブースト」とスクリーンタッチの反応速度を短縮する「タッチブースト」を採用しています。

「Reno 10x Zoom」は、グロバール版の並行輸入の流通に加えて、国内向け正規品が各MVNOおよび小売店、インタネットショップなどで販売されています。当記事に掲載した製品情報は国内市場向け正規取扱製品の「Reno 10x Zoom」の仕様をベースにしており、販売地域(国)や取扱代理店および携帯キャリアによって複数の仕様が存在する場合があることを含みおき下さい。

※当該製品について不明な点や注意事項等はOPPOの公式サイトにてご確認下さい。

SOURCE OPPO

タイトルとURLをコピーしました