「OPPO Find X3 Pro」のスペックや評価をまとめてレビュー

OPPO Find X3 ProOPPO

「OPPO Find X3 Pro」は、OPPOが販売する「Find」シリーズの中でもフラグシップモデルに位置する5G通信対応スマートフォンです。SocはSnapdragon 888(5 nm)を搭載、6.7インチ(QHD+)LTPO AMOLEDディスプレイ搭載、また本体背面にSONY製最新イメージセンサー「IMX766」を搭載した広角レンズを加えたクアッドカメラを搭載、更に防水(IPX8)、防塵(IP6X)にも対応しています。

スポンサーリンク

「OPPO Find X3 Pro」の製品概要

OPPOの『OPPO Find X3 Pro』は、2021年3月下旬からグローバル展開されています。国内市場向けの正規取扱いに関しては、2021年6月下旬以降からKDDI(AU)から発売されることがアナウンスされています。また7月中旬以降からメーカー直販、インターネットショッピングサイトや各小売店およびMVNOパートナー等が取扱い販売されることが見込まれています。

当製品は最新のフラグシップモバイル向けプロセッサー「Snapdragon 888」を搭載しており、従来機種に比べてCPU処理性能がパワーアップしています。メモリは12GB/RAMを搭載、ストレージは大容量の256GBを搭載、バッテリは4500mAhの大容量バッテリを搭載しています。

『OPPO Find X3 Pro』の基本的な仕様は、Android 11、Snapdragon 888 Soc、6.7インチQHD+(アスペクト比 20:9)画面搭載、背面に5000万画素(広角/F値1.8)+5000万画素(超広角/F値2.2)+1300万画素(望遠/F値2.4)+300万画素(マクロ/F値3.0)クアッドカメラを搭載しています。国内向け正規取扱い製品(Simフリー版)のカラーバリエーションは「クロスブラック」「ホワイト」の2色展開となっています。詳細なスペックや特徴および製品評価のレビューは下記にまとめた通りです。

当記事は国内向け正規取扱い品(メーカー直販製品)の製品仕様をベースに記載していますが、販売地域(国)、取扱代理店や携帯キャリアなどによって複数モデルの存在や仕様に違いがあることを含みおき下さい。

「OPPO Find X3 Pro」の基本スペック

製品名OPPO Find X3 Pro
メーカー名OPPO
発売時期2021年3月からグローバル展開、国内6月下旬から発売
製品取扱グローバル版、国内正規取扱、KDDI、MVNO
OSAndroid 11
CPUSnapdragon 888
GPUAdreno 660
RAM12GB(グローバル版は8GBモデルも有り)
ROM256GB
CARDスロット非対応
画面サイズ6.7インチLTPO AMOLED
解像度3,216×1,440ドット QHD+
背面カメラ5000万画素+5000万画素+1300万画素+300万画素クアッドカメラ
前面カメラ3200万画素カメラ
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac/6e
BluetoothVer 5.2
外部端子USB Type-C 3.1
バッテリ4500mAh
サイズ約163.6×74×8.3mm
重量約193g

※免責事項:当サイトは記事作成に置いて細心の注意を払い製品スペック等の情報を掲載しておりますが、その内容の正確性について保証するものではないことを含みおき下さい(詳細

「OPPO Find X3 Pro」のカラーバリエーション

本製品のカラーバリエーションは1色展開となっています。
・クロスブラック
・ホワイト

OPPO Find X3 Pro

「OPPO Find X3 Pro」の主な機能

■対応する機能
・NFC
・Bluetooth
・テザリング
・防水/防塵
・指紋センサー
・ハイレゾ

■対応していない機能
・おサイフケータイ
・ワンセグ
・赤外線通信

「OPPO Find X3 Pro」の特徴と評価

OS&CPU性能

当製品の初期出荷時にプリインストールされているOSは、Android 11となっています。Socは、Qualcomm Snapdragon 888(2.84GHz×1+2.42GHz×3+1.80GHz×4)Octa-coreを搭載。更に後述するメモリ容量(RAM/12GB、ROM/256GB)を搭載するなどフラグシップモデルに相応しいスペックとなっています。

RAM&ROM容量

メモリとストレージ容量は、RAM/12GB(グローバル版は8GBモデルも有り)、ROM/256GBを搭載しています。なお、外部ストレージ(microSDXCカードスロット)は搭載していませんが、標準でROM/256GBを実装しているので容量不足を心配することなく安心て使えるのではないでしょうか。

ディスプレイ性能

ディスプレイは、大型の6.7インチLTPO AMOLEDディスプレイを搭載しており、解像度は3,216×1,440ドット(QHD+)の縦長パネルを採用しています。また、ノッチを排除し前面カメラ部にピンホールを採用したことでベゼルレス化で高い画面占有率を実現しています。

カメラ性能

カメラは本体背面にクアッドカメラを搭載しています。構成は1/1.56型のソニー製イメージセンサ「IMX766」を採用した5000万画素(広角/F値1.8)+5000万画素(超広角/F値2.2)+1300万画素(望遠/F値2.4)+300万画素(マクロ/F値3.0)クアッドカメラの組み合わせとなっています。また広角レンズは光学式手ブレ補正に対応、更に望遠レンズに光学5倍、デジタル20倍のハイブリッドズームを搭載しています。動画撮影は4K@30/60fps, 1080p@30/60/240fps; gyro-EIS; HDR, 10bit videoに対応。前面には3200万画素(広角/F値2.4)カメラを搭載しています。

バッテリ性能

バッテリは4500mAh(2250mAh×2基)の大容量のバッテリを搭載しており、急速充電(OPPO独自の「SuperVOOC 2.0」)にも対応しています。またUSB PDで最大18W(9V/2A)で充電することも可能。駆動時間は、連続通話が約1488分、連続待受が約398時間となっています。なお、バッテリ駆動時間は本体の設定や温度環境などにより大きく異なる場合があることを含みおき下さい。

対応周波数

国内向け正規取扱い製品(Simフリー版)の「OPPO Find X3 Pro」が対応する周波数(バンド)は、5Gがn1/3/5/7/8/20/28/38/40/41/77/78/79、FDD-LTEが1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/32/66、TD-LTEが34/38/39/40/41(194Mhz:2496MHz?2690MHz)/42、W-CDMAが1/2/4/5/6/8/19、GSMが850/900/1800/1900MHz。国内キャリアの5G通信に対応。また、SIMカードスロットはnanoサイズ×2で、DSDS(Dual SIM Dual stand-by)もサポートされています。※AU版はシングルSim仕様となっています。

セキュリティ

セキュリティ機能は、生体認証としてディスプレイ内埋込型指紋認証センサーを搭載。また、インカメでの顔認証にも対応しています。

その他

「OPPO Find X3 Pro」は、防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)に対応しており台所などの水回りや外出先など様々なロケーションとシチュエーションで安心してスマートフォンを利用できます。なお、使用の際は本体のカードスロットを確実に閉めてるように気を付けましょう。

「OPPO Find X3 Pro」は、nanoSimスロット×2基搭載しておりDSDS(Dual SIM Dual stand-by)に対応(キャリア版はシングルSim仕様)しています。

「OPPO Find X3 Pro」は、Bluetooth Audio Codec: SBC、AAC、APTX HD、LDAC、APTX、APTX TWS+、and LHDCに対応。高音質なハイレゾーオーディオに対応しています。

「OPPO Find X3 Pro」は国内正規取扱い製品が各MVNOおよび小売店、インタネットショップなどで販売されています。当記事に掲載した製品情報は国内市場向け正規取扱い製品の「OPPO Find X3 Pro」の仕様をベースにしており、販売地域(国)や取扱代理店および携帯キャリアによって複数の仕様が存在する場合があることを含みおき下さい。

※当該製品について不明な点や注意事項等はOPPOの公式サイトにてご確認下さい。

SOURCE OPPO

タイトルとURLをコピーしました