「AQUOS sense6」のスペック比較や評価をまとめてレビュー

AQUOS sense6SHARP

「AQUOS sense6」は、SHARPが販売する「AQUOS」シリーズの中でもミドルレンジモデルに位置するスマートフォンです。Snapdragon 690 5G Soc搭載、「AQUOS sense」シリーズとしては初のIGZO OLEDディスプレイを採用。本体背面には前機種よりも更に暗所撮影が強くなった4800万画素カメラを含めたトリプルカメラを搭載、防水(IPX5/IPX8)防塵(IP6X)、おサイフケータイ、DSDV(nanoSim+eSIM)対応、ディスプレイ埋込型指紋認証にも対応しています。

スポンサーリンク

「AQUOS sense6」の製品概要

SHARP製の『AQUOS sense6』の国内市場向けの取り扱いに関しては、2021年11月上旬以降から携帯大手キャリア(ドコモ、AU)を皮切りに順次発売予定となっています。またDSDVに対応したメーカ直販モデル(MVNO向け)向けの発売も今後期待が持てます。

『AQUOS sense6』は、前機種「AQUOS sense5G」のコンセプトを継承してり、プロセッサーはSnapdragon 690 5G採用、バッテリはシリーズ最大クラスの4570mAhの大容量バッテリ搭載しており前機種と同様の性能となっています。無論おサイフケータイ、防水(IPX5/IPX8)防塵(IP6X)にも対応しています。なお、ディスプレイは同シリーズとしては初のIGZO OLEDディスプレイを搭載。メモリは従来の4GBに加えて6GB/RAM搭載モデルを追加、ストレージは64GB/ROMに加えて128GBストレージに倍増したモデルも追加ランナップされています。

『AQUOS sense6』の基本的な仕様は、Android 11、Snapdragon 690 5G Soc、6.1インチFHD+(アスペクト比20.3:9)画面搭載、背面に4800万画素(広角、F値1.8)+800万画素(超広角、F値2.4)+800万画素(望遠、F値2.4)トリプルカメラを搭載しています。ベースモデルのカラーバリエーションは「ライトカッパー」「シルバー」「ブラック」の3色展開となっています。詳細なスペックや特徴および製品評価のレビューは下記にまとめた通りです。

■製品名(型番)
・メーカー直販:AQUOS sense6
・ドコモ版:AQUOS sense6 SH-54B
・KDDI版:AQUOS sense6 SHG05

当記事はメーカーが公にしているベースモデルの製品仕様を記載していますが、取扱代理店や携帯キャリア、MVNOなどによって複数モデルの存在や仕様に違いがあることを含みおき下さい。

「AQUOS sense6」の基本スペック

製品名AQUOS sense6
メーカー名SHARP
発売時期国内未発売、国内未定、国内2021年11月上旬から順次発売予定
製品取扱国内正規取扱、ドコモ、KDDI、MVNO
OSAndroid 11
CPUSnapdragon 690 5G
GPUAdreno 619L
RAM4GB / 6GB(キャリア版は4GBのみ)
ROM64GB / 128GB(キャリア版は64GBのみ)
CARDスロットmicroSDXC(Max 1TB)
画面サイズ6.1インチIGZO OLED
解像度2,432×1,080ドット FHD+
背面カメラ4800万画素+800万画素+800万画素トリプルカメラ
前面カメラ800万画素カメラ
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/ac
BluetoothVer 5.1
外部端子USB Type-C、3.5mmオーディオジャック
バッテリ4570mAh
サイズ約152×70×7.9mm
重量約156g

※免責事項:当サイトは記事作成に置いて細心の注意を払い製品スペック等の情報を掲載しておりますが、その内容の正確性について保証するものではないことを含みおき下さい(詳細

「AQUOS sense6」のカラーバリエーション

本製品のカラーバリエーションは3色展開となっています。
・ライトカッパー
・シルバー
・ブラック

AQUOS sense6

「AQUOS sense6」の主な機能

■対応する機能
・NFC/おサイフケータイ
・Bluetooth
・テザリング
・防水/防塵
・指紋センサー

■対応していない機能
・ワンセグ
・赤外線通信

「AQUOS sense6」の特徴と評価

OS&CPU性能

当製品の初期出荷時にプリインストールされているOSは、Android 11となっています。Socは、Qualcomm Snapdragon 690 5G(2.0GHz+1.7GHz)Octa-coreを搭載しおてり、Socは、Snapdragon 690 5G (2.0GHz+1.7GHz)Octa-coreを搭載しており5G通信に対応

RAM&ROM容量

メモリとストレージ容量は、前機種を継承しており、RAMは4GBと6GB、ROMは64GBと128GBの2モデルが用意されています。また最大1TBの外部ストレージ(microSDXCカード)にも対応しているので必要に応じてSDカードを格納することで容量不足を心配することなく安心て使える仕様となっています。※microSDXCカードが必要な場合は別途購入しましょう。

ディスプレイ性能

ディスプレイは、前機種の5.8インチから6.1インチに大型化しており、更にAQUOS senseシリーズとしては初のIGZO OLEDディスプレイを搭載しています。解像度は2,432×1,080ドット(FHD+)アスペクト比20.3:9の縦長パネルを搭載しています。また、滴型ノッチ(切り欠け)ディスプレイの採用によるベゼルレス化で高い画面占有率を実現しています。

カメラ性能

カメラは本体背面にトリプルカメラを搭載しています。構成は4800万画素(広角、F値1.8)+800万画素(超広角、F値2.4)+800万画素(望遠、F値2.4)トリプルカメラの組み合わせとなっており、電子式手振れ補正に対応。動画撮影は4K(3840×2160ドット)に対応。前面には800万画素(広角、F値2.0)を搭載しています。

バッテリ性能

バッテリは前機種同様にシリーズ中では最大クラスの4570mAhの大容量バッテリを搭載しています。なお、バッテリ駆動時間は本体の設定や温度環境などにより大きく異なる場合があることを含みおき下さい。

セキュリティ

セキュリティ機能は、生体認証として本体前面にディスプレイ埋込型指紋認証センサーを搭載。また、インカメでの顔認証にも対応しています。

その他

「AQUOS sense6」は、防水(IPX5/8)、防塵(IP6X)に対応しており台所などの水回りや外出先など様々なロケーションとシチュエーションで安心してスマートフォンを利用できます。なお、使用の際は本体のカードスロットを確実に閉めてるように気を付けましょう。

「AQUOS sense6」は、指紋認証、顔認証、NFC/おサイフケータイなどの機能が標準搭載されています。またnanoSimに加えてeSimを搭載しておりDSDVにも対応しています。※一部のモデルではeSIMの対応不明であることを含みおき下さい。

「AQUOS sense6」と「AQUOS sense5G」のスペック比較

製品名AQUOS sense6AQUOS sense5G SH-M17
OSAndroid 11Android 11
CPUSnapdragon 690 5GSnapdragon 690 5G
RAM4GB / 6GB4GB
ROM64GB / 128GB64GB
CARDスロットmicroSDXC(Max 1TB)microSDXC(Max 1TB)
画面サイズ6.1インチ5.8インチ
解像度2,432×1,080ドット FHD+2,280×1,080ドット FHD+
背面カメラ4800万画素+800万画素+800万画素トリプルカメラ1200万画素+1200万画素+800万画素トリプルカメラ
前面カメラ800万画素カメラ800万画素カメラ
Wi-FiIEEE802.11 a/b/g/n/acIEEE802.11 a/b/g/n/ac
BluetoothVer 5.1Ver 5.1
バッテリ4570mAh4570mAh
サイズ約152×70×7.9mm約148×71×8.9mm
重量約156g約178g
「AQUOS sense6」は、国内の技適認定を取得したキャリア版が販売されています。当記事に掲載した製品情報はメーカーが公にしているベースモデルのSimロックフリー版「AQUOS sense6」の仕様を記載していますが、販売地域(国)や取扱代理店および携帯キャリア、MVNOなどによって複数の仕様が存在する場合があることを含みおき下さい。

※当該製品について不明な点や注意事項等はSHARPの公式サイトにてご確認下さい。

SOURCE SHARP

タイトルとURLをコピーしました